News

一般事業主行動計画の策定について(2022年)

2022.05.25

News&Topics

 

一般事業行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間   2022年4月18日~  2024年4月17日までの  2年間

内容
<目標1>
現状原則時短勤務を取得できるのは3歳までだが、2023年5月までに、小学校就学
中までの子を持つ社員が、希望する場合に利用できる短時間勤務制度を導入する。
<対策>
●2022年4月~ 産休取得社員への調査、検討開始
●2023年5月~ 制度の導入、社内報などによる社員への周知
制度導入、社内報などによる社員への周知

<目標2>
2023年4月までに、生理休暇の設立。
<対策>
●2022年4月~ 社員への調査、検討開始
●2022年12月~ 制度の導入、社内報などによる社員への周知
制度導入、社内報などによる社員への周知

<目標3>
育児休業を取得予定の社員及び育児休業から復職した社員に対する相談窓口を設ける。
<対策>
●2023年4月 ~ 育休取得社員への調査、検討開始
●2023年6月 ~ 運用ルールの検討、相談員選定
●2023年7月~ 運用ルールの決定、相談員の必要情報設定
制度導入、社内報などによる社員への周知

<目標4>
2023年4月までに、子の看護休暇制度を拡充するために、「中抜け」(就業時間の
途中から時間単位の休暇を取得し、就業時間の途中に再び戻ることができる制度)の設立。
<対策>
●2023年4月~ 社員への調査、検討開始
●2023年5月~ 制度の導入、社内報などによる社員への周知
制度導入、社内報などによる社員への周知

行動期間開始:2022年4月18日-
労働書申請完了:2022年4月25日


上に掲げた目標2について、採用サイト「SpiderClass」内でも、2022年5月1日から新たに始めた制度ともども紹介しております。こちらからご覧ください。
https://jobs.spiderplus.co.jp/spider-class/867