News

スパイダープラス、BPOサービス提供を本格強化

2021.11.10

News Release

〜蓄積したデータをAI活用で高効率に、顧客対応スピードも加速〜

スパイダープラス株式会社(代表取締役CEO:伊藤 謙自、本社:東京都豊島区、以下「スパイダープラス」)は、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスの提供を本格的に強化することを発表いたします。

BPOサービスにはAI inside 株式会社(代表取締役社長CEO:渡久地 択、本社:東京都渋谷区、以下「AI inside」)が提供する「Learning Center」を活用し、10年以上にわたる建設ICT事業で蓄積した知見を高効率なサービス展開に昇華させ、顧客企業対応スピードの加速も可能になりました。

■背景

スパイダープラスは、建設・メンテナンス業向け図面、現場管理アプリ「SPIDERPLUS」を10年以上にわたって提供してまいりました。図面データを土台とし、現場の情報をアプリ1つに集約し、検査実施からレポーティングまでをオールインワンで済む働き方を実現してきた一方、顧客との関わり合いの中で「SPIDERPLUS」の外側にある段取り削減に課題を感じておりました。限りある人的リソースで対応するには技術活用による高効率化が不可欠です。AI inside が提供する「Learning Center」はプログラミングなどの専門知識を必要とせず、エンジニアでなくともAI開発が可能となるため、このたびの採用に至りました。以後、AI開発・運用を内製化し、BPOサービスを展開してまいります。

スパイダープラスでは、現場の課題に沿ったサービスの提供を高いレベルで継続するため、多方面と手を組み、機能の開発や新規技術との連携をこれまで以上に進め、あらゆる仕事のスマート化に貢献してまいります。

【SPIDERPLUSとは】

現場作業の中で抱いたふとした疑問から、たくさんの紙や持ち帰り仕事の多い現場にITの力を投入することを思い立ち、アプリ『SPIDERPLUS(スパイダープラス)』を開発。2021年7月現在、日本全国1,000社超で導入されています。現場生まれのサービスだからこそ、日々の仕事をITの力でラクにするお手伝いを実現いたします。 

  • 特長1:クラウドで会社や事務所メンバーと簡単に進捗・情報共有
  • 特長2:現場にもっていくのはタブレットだけ!現場と事務所の往復を大幅削減
  • 特長3:デジタル図面に写真添付、検査記録も簡単にでき多くの事務作業を現場で完結
  • 特長4:電子小黒板機能を標準装備、簡単に編集可能
  • 特長5:1クリックで記録帳票が作成可能
  • 特長6:1日あたり1時間以上の業務効率化を可能(※導入顧客への調査による)

【本件に関するお問い合わせ】

スパイダープラス株式会社 コーポレートブランディング室
cb_pr@spiderplus.co.jp